興味を持つものだけに興味を持つ暮らし

とある企業に勤めるおじさん アジャイルらぶです

終わりの始まり part4

この物語はフィクションです。実在の人物、団体名等とは関係ありません。

otentosama.hatenablog.com

の続きです。

後日、スクラムを継続するためにどうすればよいか関係者で話し合う場が設けられました。参加者はスクラムチームです。私はその大切な場に参加できませんでした。娘が体調不良で会社をお休みする必要があったためです。

内容的には決して軽い話ではないので、私は内心、話し合いの場に参加できずに良かったと思いました。私はその話し合いの結果を知らずに、翌日を迎えました。

翌日はスプリントレビューの日です。私は開発チームの皆と一緒にミーティングルームでレビュー会に向けたアジェンダの作成やデモの準備を進めました。

私は雑談をする中で、今後のスクラムについて話し合いがどのような結果になったかをチームに聞いてみました。どうやら結論が出ていないようでした。

その話の流れで私はプロダクトオーナーの川上さんにどうすれば、スクラムを再開できるかを問われました。

私は言葉を選びながら、発言しました。私はスクラムガイドに書かれているとおりに実践することです。と答えました。 それに対して彼の反応はこのような感じだったと思います。

スクラムガイドに書かれているとおりに、プロダクトオーナーの役割を実践することはこの組織では難しい。プロダクトオーナーの役割にある意思決定、責任といった役割を担うのは、彼より職位がもっと上のレベルではないと不可能だという主張の様でした。

それぞれの主張は以下のとおりで話し合いは、平行線でした。

  • 開発チームと私:スクラムをやるには、スクラムガイドに書かれているとおりに各役割を実践する必要がある
  • プロダクトオーナー:スクラムガイドに書かれている役割を実践するのは不可能

今後どのようにするか、その場では結論が出ずに終わりました。

さらに数日後、関係者で今後のスクラムについて打ち合わせが行われました。私はその打ち合わせには呼ばれませんでした。どうやらプロダクトオーナーとステークホルダーで打ち合わせをした様です。

打ち合わせが終わった後、私は川上さんに声をかけられました。私に依頼したい仕事があるということでした。今後の開発の進め方の案を資料にまとめて欲しいということでした。

さらに話を聞いてみると、どうやらスクラムを中止する場合に、今後、開発チームがどのようなやり方で開発を進めるかを関係者に説明し、合意形成する必要があるとのことでした。

スクラムを中止し、スクラムのエッセンスを含む何かを実現する開発手法を考えて欲しいというなんとも不思議な依頼だと思いました。私はアウトプットのイメージを確認しました。

スライドが何枚かあって開発チームが今後、取り組む開発手法がビジネスサイドに伝わる内容になっていれば良いそうです。

期日は次のレビュー会までだそうです。私は締め切りまでに残された日数を心の中で確認しました。

今日が金曜日でレビュー会が木曜日。翌週の火曜、水曜と社外のイベントに参加するため、休日は働かない前提だと資料作成の時間は実質1日しかありません。

木曜日はレビュー会の前に準備の枠をとっているため、木曜日のレビュー会前にスクラムチーム内でレビューを通せば、なんとかなりそうです。

私は少し考えた後、依頼を受けることにしました。ただ、川上さんが対応せず、私が対応する理由が分からなかったので関係者の1人に直接聞いてみました。

関係者の話し合いでプロダクトオーナーの川上さんはスクラムについて詳しくないため、私の方が適任だという理由で選ばれたそうです。

私は凄い理由だなとその場で思いましたし、私が対応する必要性を感じませんでしたが、私のさじ加減で事態はいくらでも好きな方向に持っていけると思ったので対応を進めることにしました。

続く

福山雅治 男性限定ライブ 冬の大感謝祭 其の十八 野郎夜

福山雅治さんの男性限定コンサートに参加して驚いたことがあります。童貞に優しいです。コンサート中に福山さんが1つだけ質問をします。

童貞の人は手を挙げてと。元気に童貞の野郎は手をあげます。モニターに映る童貞の人達は元気です。男らしさを感じました。

公演が終わると童貞の人と童貞じゃない人に分けて会場の退場を促されます。童貞の人は男性用の避妊具をもらえる特典付きです。

過去、童貞ではないのに童貞のふりして特典を貰おうとする偽装童貞が現れたことがあるため、注意を促すアナウンスが流れます。なんて優しいのでしょう。

このコンサートに行けば童貞の人は来年には童貞を捨てた福山雅治さんの前に現れようという気になると思います。

来年も男性限定ライブはやると思うので、男性の皆様行かれてみてはいかがでしょうか。

写真は男性限定ライブの翌日24日に撮影したものです。

終わりの始まり part3

この物語はフィクションです。実在の人物、団体名等とは関係ありません。

otentosama.hatenablog.com

の続きです。

スクラム中止宣言が関係者に広まる

その翌日、スクラムチームで打ち合わせをしました。確かこれから開発するアイテムの作業項目の洗い出しを目的とする打ち合わせだったと思います。

打ち合わせは滞りなく進みました。私は終盤に例のwikiについて触れました。昨晩、就業時間の直前に投稿されたせいなのかは不明ですが、私以外はそのwikiに対してあまり反応をしていない様子でした。

おそらく、開発チーム視点では暗黙的なことが明文化されただけなので、あまり大したことではないのだと思います。

けれど、プロダクトオーナーである川上さんの反応は違っていました。彼も存在に気がついていれば、前日に読めていたはずですが、今のタイミングで文章の存在を知った様子でした。

その場では議論には発展せず、彼が課題として持ち帰ることになりました。

それから、しばらく普段通りに開発業務をする日が続きました。会社役員の古谷さんが文章の存在に気がつきました。それもそのはずで、ツールのアカウントを持っていれば、アクセスできる場所に情報は公開されていました。

古谷さんに情報の存在を知られてからは他の社内関係者にも知られることになるのはそれほど時間を要しませんでした。 開発チームがスクラムを中止する方針が広まってから、開発チームで閉じた話ではなくなり、組織として解決すべき問題に発展した気がします。

続く

f:id:yuichan-otentosama:20181224160715j:plain

福山雅治 冬の大感謝其の十八 野郎夜5

はじめに

福山雅治さんの男性限定Liveに参加してきました。昔、私は会場整理のアルバイトをしていた時期があってそのときはスタッフとしてコンサートを眺めていました。

大学生の頃にアルバイトしていたので今回のコンサートは20年弱経過してからの参加ということになります。

セットリストはおそらく他のコアなファンの方がまとめてくれると思いますのでその辺は触れません。

追記:他の人のブログ見てプレイリストを作りました。

福山冬の大感謝祭 其の十八 野郎夜5 on Spotify

コンサートについて

本編では今年の甲子園で使われた甲子園が演奏されました。なんとアンコールでは改めて甲子園を演奏してくれることになりました。アンコールでは弾き語りで野郎も一緒に歌うスタイルです。

もうこれは最高すぎて大変でした。歌い出しのとこで私は涙が溢れてしまってまともに歌えませんでした。後ろの席の人は大きい声で歌っていましたが、少し泣いている感じがしました。

たぶん、私以外には泣いていた野郎の人はかなりいたと思います。

次回参加の誓い

福山雅治さん来年50歳になるとは思えないパフォーマンスです。パシフィコ横浜は約500人足らずで満員の18000人にはにはなりませんでした。満員は来年への持ち越しということで。福山雅治さんと約束しました。

今回、初参戦でしたが、すっごく楽しめました。福山雅治さんにきゅんきゅんしたり、うっとりしたりしました。数メートル近くまで来てくれましたし。マジ、カッコ良かったです。

絶対、来年も行きます!福山さんにびっしょりさせてもらいに行きます。野郎の方は是非、来年の野郎夜に参戦しましょう。楽しいよ!

ムーブメントは突然に

はじめに

社内Slackで急速に分報が作成されました。簡単に経過を書き留めておきます。

状況

数年前から自分のチームでは分報を利用していた。今週、チーム外でも一気に分報チャンネルが増えました。

なぜ急に増えたか?

分かりません。

Fact

Factだけ書きます。

  • 11/6
    • 他部門のひとが雑談チャンネルで分報ってあるそうですよと、分報に関する情報を投稿する
    • 私はそれにうちのチームでは以前からやってますよ、メリットありますよと投稿した人とSlackでしばし雑談
  • 12/18
    • 他グループの新人Aさんの分報チャンネルの存在に気がつき、私はAのチャンネルにjoin(チャンネルの作成日は12/14)
    • 私はAの分報に適当にコメントをする
    • Aのチャンネルで暗黙知形式知の話や業務改善の雑談をする
  • 同日
    • 他グループの新人さんBがAさんにならい分報チャンネルを作成する
    • 私2018年入社組が分報を作る流れができたと書き込む
    • ベテランCはその流れに乗っかり分報チャンネルを作成する
    • 中堅Dや自身の分報チャンネルの存在を知らせてくる

おっさんずラブする

私は夜はおっさんずラブを観て昼は職場でおっさんずラブするとfacebookに書き込みをしました。それの説明のエントリです。

おっさんずラブとは

世間ではおっさんずラブというドラマが流行っています。最近アマゾンプライムビデオで観れるようになったので、私も流行りに乗っかって観始めました。

田中圭演じるサラリーマンと吉田鋼太郎演じるサラリーマン(田中圭の上司で部長)がいるのですが、部長が恋愛感情を持っていることが田中圭側になんとなく伝わっていき、告白される事態となり物語が動いていきます。だいぶ雑な説明です。

episode1 OPEN THE DOOR!

とにかく私は男性の職場恋愛が楽しくてたまりません。私は田中圭吉田鋼太郎の絡みが大好きです。まだ3話までしか観てないですが、ドラマのテンポが良くて飽きる気がしません。

おっさんずラブするとは?

私の中でおっさんずラブするという表現はおっさんと愛を育むことを意味していません。いや、意味しているかな。愛がないわけではないので。愛はあるけど恋愛感情はありません。

ではおっさんずラブするとは何かというと職場のリスペクトできるおじさんと積極的に会話をすることです。 会社に中で何かを成し遂げようと思うと経験値がある人に助言をもらうのが有効です。何かとは例えば組織改善とかそういった類のことです。今週は職場のおっさんとお洒落なうどん屋さんでうどんを食べてそのあと喫茶店で向かい合わせでコーヒーを飲みながら談笑しました。

私の中ではおっさんずラブ第1話完です。ちなみに私もおっさんなので、要はおっさんがおっさんと仲良くランチしたという話です。 FEARLESS CHANGEの次の2つのパターンです。

9.何かを食べながら 14.達人を味方に

補足:おっさんとの関係性

私がいる開発チームと対立関係にある部門にいる人でした(本来は対立するべきではありません)。犬猿の仲というやつです。2人はあることをきっかけに急速に距離を縮めていったのです。メールで頻繁にやり取りをするようになり、仕事とは直接的には関係ないことなどをやりとりするようになりました。そういったやり取りをする仲で2人には通じるところがあり、関係性を深めていったのです。

Fearless Change アジャイルに効く アイデアを組織に広めるための48のパターン

Fearless Change アジャイルに効く アイデアを組織に広めるための48のパターン

スクラムの文脈に既存のロールモデルを混ぜる

少し思うところがあったので振り返ってみます。

状況

スクラムレビュー時に次回からは議事録を作成して欲しいとステークホルダーから依頼があった。議事録を作成するのは、レビュー会に参加できない方への活動状況の明確化と課題の共有が目的ということである。

起きたこと

プロダクトオーナーのロールを持つ人がリクエスターに、スクラムのフレームで考えた場合に、議事録を作成することに意義を見出せないと、参加できない方向けに議事録を作成するのではなく、参加してもらう方向で調整するべきだと主張した。

リクエスターはスクラムは関係なく、グループのアクティビティとして必要なものだと主張をした。

双方の意見は対立しているため、話し合いの場が設けられることになった。

感じたこと

スクラムの文脈と既存の組織の文脈で会話をすると話が噛み合わなくなる。どちらかの文脈に合わせた会話をした方が良い。スクラムには3つのロールしかなく、リクエストの依頼はいちステークホルダーにお願い事にすぎない。だからその依頼をアクセプトするかリジェクトするかはプロダクトオーナーの判断に委ねられるべき。

リクエスターが議事録を作成する妥当性をプロダクトオーナーに説明して納得させることができれば、議事録作成の是非はさておき事態はスムーズに運ぶと思う。あるいは議事録を必要と思う人が他者に依頼するのではなく自ら作成するのが筋が良いと思う。

もちろん、変なことにならないようにスクラムチームで議事録のレビューをする前提にする。

結論

混ぜるな危険

アジャイルの作法が共有されていない状況でスクラムの文脈で会話しても理解を得るのは難しい。お互いに作法を理解したうえで会話できると、事がスムーズに運ぶはず。作法を理解してもらうのに、コストが安く済むケースもあれば、高くつく場合もある。